'; ?> レーシック手術

視力回復トレーニング〜視力が良くなる方法

レーシック手術記事一覧

レーシックと種類

「レーシック」とは、角膜にレーザーを照射して角膜屈折矯正し、視力回復させる手術のことです。目の表面にある角膜にレーザーを照射して、角膜の曲率を変える手術で、視力矯正を目的とした手術の方法です。近視を補正する時には、眼鏡やコンタクトレンズといった道具で行うことが一般的ですが、レーシックでは矯正手術によ...

≫続きを読む

失敗しない手順

最近は有名芸能人もレーシック手術をする人が随分たくさんいて、話題になってきています。でも、目の中にメスを入れるということに抵抗がある人も多いと思います。失敗する危険性を心配するのは当然のことだと思います。しかし実際にはレーシック手術をした患者さんの95%以上もの人が1.5以上の視力回復を果たしていま...

≫続きを読む

メリットとデメリット

レーシックを実際に受けた人の声を参考に、メリットとデメリットをまとめました。レーシックのメリットは、眼鏡やコンタクトレンズを買う必要がなくなって、費用面が助かること今まではお風呂やプールなどでは何も見えなかったのに、見えるようになったこと車の運転中にコンタクトレンズがずれるなどの心配がなくなったため...

≫続きを読む

セカンドオピニオン

レーシックは、ほとんど失敗がない安全性の高い治療方法のひとつですが、やはり手術ですから、術者の診断能力や経験に任される部分があります。レーシックでは術者によって大きな差が出てしまいます。また、レーシックに使われる機器や術式の進歩によって、副作用が少なくて安全に治療ができるようになってきています。つま...

≫続きを読む

安全性とリスク

レーシック手術に興味はあっても、失敗したときのことを恐れて手術に踏み切れない人も多いようです。多くの人はレーシックの失敗によって失明する危険性を心配しています。レーシックは角膜の表面に触るだけで、眼球の内部には触れません。従って、論理上、失明する可能性はほとんど無いと考えられます。その意味から、レー...

≫続きを読む

レーシック後の制限

レーシック手術が成功か失敗だけではなく、術後の日常生活をいかにして過ごすかによっても失敗に繋がることも出てきます。それを踏まえた上で、レーシック後の制限についておお伝えします。レーシックでは日帰りで手術を受けることができて、手術をした翌日には会社へ行くこともできます。このような手軽さもあって、忙しい...

≫続きを読む

レーシック手術を受ける理由

視力を回復させる為に、レーシックをする人が多いと思います。しかし、レーシックをする具体的な理由は人によって様々だと思います。レーシックをしようかどうか迷っている人の場合、レーシックに対してもっと知識を深めた方がいいと思います。レーシックで失敗しないために必要なことは、8割が病院と医師選びで、残りの2...

≫続きを読む

レーシック手術後の視力

レーシック手術をすると一体どれくらいの視力になるのか、実際に手術を受ける人にとっては非常に気になることです。人によって視力2.0でも失敗と思う人と、視力1.0でも成功と思う人それぞれだと思います。また、レーシック手術では、自分が希望した通りの視力がでないこともあります。レーシックでどれくらいの視力回...

≫続きを読む

アフターサポート

少しでも失敗するレーシックのリスクをなくすために、術後のアフターケアが充実している眼科を選ぶことが大切です。レーシックの手術後は、医師の指示に基づいて患者自身が注意してケアしていかなければいけないこともあります。これを怠ると成功した手術も、結果的に失敗することになってしまうこともあります。そして、病...

≫続きを読む

合併症の発生

レーシックは、大変安全に行うことができる視力矯正手術だと言われています。しかしほんのわずかな確率ですが、レーシック手術を受けた後に合併症を発症する可能性もあります。これは手術の失敗によるものではありません。合併症には、いくつかの種類や症状があります。万が一にも合併症が発症するようなことがあれば、すぐ...

≫続きを読む

病院の選び方

レーシックで失敗しない為の「病院選びのポイント」を紹介します。レーシック手術をこれから受けようと思っている人や検討している人は、次のような点に注意して病院探しをするといいでしょう。まず1つ目は、レーシック手術をする前にきちんと事前検査を行う病院であるかどうかを見てください。すべての人の目がレーシック...

≫続きを読む

レーシック手術ができない人

事前検査にてレーシック手術が受けられるかどうか確認するのが一般的です。これを怠ると、失敗を招く結果となりかねません。事前検査を行って、実際にレーシック手術ができないと判断されるケースをいくつか見ていきます。20歳未満の人(未成年は、まだ視力が安定していない為)角膜の厚さが不十分な人白内障や緑内障、網...

≫続きを読む